2010年03月19日

拉致パンフから「被害者帰国」項目消える(産経新聞)

 政府の拉致問題対策本部が昨年末に改訂した拉致被害者救出を訴えるパンフレットから、「拉致被害者の速やかな帰国」や「真相究明」といったこれまでの政府が最重要課題として掲げてきた項目が削除されていたことが15日、衆院拉致問題特別委員会で明らかになった。

 中井洽(ひろし)拉致問題担当相は答弁で「初めて見た。何もわからない」などと困惑。事務局の報告を受けて再度、答弁に立ち「作り直す」などと釈明した。

【関連記事】
田原氏のめぐみさん死んだ発言 家族会、BPO結果に大きなズレ
「闘う弊害になると感じる」 BPO審査に家族会・飯塚代表
寺越さん家族が拉致被害者認定を政府に要請
金賢姫元工作員と面会 韓国で警察庁担当者 日本招致めぐり
政府、金元工作員来日に向け韓国と協議
20年後、日本はありますか?

供述調書漏洩事件 ジャーナリストがNHKと和解(産経新聞)
授業のランニング中に倒れた女子生徒が死亡、大阪市立咲くやこの花高校(産経新聞)
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)
三笠宮さまが白内障手術(時事通信)
博多港のベイサイドプレイス全面開業=福岡〔地域〕(時事通信)
posted by シモヤマ ヒロコ at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事故米転売、「三笠フーズ」元顧問に有罪判決(読売新聞)

 米穀加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市、破産手続き中)による工業用事故米の不正転売事件で、不正競争防止法違反(用途偽装)に問われた元同社顧問・宮崎一雄被告(78)の判決が12日、大阪地裁であった。

 西田真基裁判長は「組織ぐるみの計画的犯行で、食の安全に対する国民の信頼を失墜させた」と述べ、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金300万円(求刑・懲役2年6月、罰金300万円)を言い渡した。

 判決によると、宮崎被告は元同社社長・冬木三男受刑者(74)らと共謀、基準以上の農薬に汚染された工業用のベトナム産うるち米を含む876トンを食用と偽り、2008年1〜7月、鹿児島、熊本両県の酒造会社6社に販売した。

「暴れん坊将軍の悪代官に影響された」… 建設会社に「小判」要求した山口組系組幹部を逮捕 警視庁(産経新聞)
マンホール作業事故、意識不明の2人死亡(読売新聞)
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所−構造上の問題か・環境省(時事通信)
「CO2ゼロ」摂津市駅開業(産経新聞)
<中大教授刺殺>「被告の責任能力は限定的」主張へ 弁護側(毎日新聞)
posted by シモヤマ ヒロコ at 01:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。