2010年04月17日

「暴行、脅迫ない」郵便不正公判で副検事証言(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、自称障害者団体「凛(りん)の会」に偽の障害者団体証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が14日午前、大阪地裁であった。

 村木被告の部下だった室長補佐らを取り調べた大阪地検の牧野善憲副検事(42)ら2人の証人尋問が行われ、「暴行や脅迫はしていない」などと証言した。

 当時の部下らは捜査段階で「村木被告から、凛の会会長の倉沢邦夫被告(74)を紹介された」と供述したが、公判では「記憶にない」などと否定している。

 牧野副検事はこの日の証人尋問で、供述調書の内容について、「いずれも自発的に供述したもので、こちらから内容を誘導したことはない」などとしたうえで、「室長補佐が不合理な説明を繰り返したので、机を1回たたいた」などと述べた。

社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
川崎のマンションで火災、1人死亡2人重体(読売新聞)
【外国人参政権 欧米の実相】(4)「明日に架ける橋」の皮肉(産経新聞)
<川崎マンション火災>重体の4歳次男も死亡(毎日新聞)
ISS 山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏(毎日新聞)
posted by シモヤマ ヒロコ at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

<掘り出しニュース>コアラが名古屋から婿入り 赤ちゃん誕生に期待−平川動物公園(毎日新聞)

 【鹿児島】鹿児島市の平川動物公園にこのほど、名古屋市東山動物園からコアラの「ウルル」(雄、2歳)が“婿入り”した。待望の雄で、「日本一の大家族」再興に期待がかかる。

【写真特集】コアラもパンダも 毎日動物園

 一時は30頭近い飼育頭数を誇った平川だが、唯一若い雄だった「リッキー」が09年4月、出血性大腸炎で死んだ。また、高齢の「ミッキー」も1月に死んで、雄不在の状態が続いていた。

 ウルルは、名古屋から約6時間半の長旅で多少の疲れはあるものの、体調には問題ないという。食欲などを見ながら、一般公開の時期を決める。

 担当者は「1日も早く赤ちゃんが生まれて、1頭でも2頭でも増えてくれれば」と期待する。これで平川の飼育頭数は雄1頭、雌6頭の計7頭(うち1頭は神戸市立王子動物園で飼育中)となった。【川島紘一】

【関連ニュース】
宮里藍:いきなり豪華競演! さくらと同組「ネコVSコアラ」
<動物園の話題>札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
<動物園の話題>旭山動物園:名誉園長が退任 全国区人気の立役者
<動物園の話題>上野動物園:パンダ復活で街も復活…人気回復の切り札に

愛知の高校教諭、車から生徒の個人情報盗まれる(読売新聞)
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ(産経新聞)
裁判員の判断尊重、控訴判決は10人全員棄却(読売新聞)
<舛添氏>執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」(毎日新聞)
テロ、断じて許さない=平野官房長官(時事通信)
posted by シモヤマ ヒロコ at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。