2010年01月23日

バイエルの不整脈治療剤を承継―ホスピーラ・ジャパン(医療介護CBニュース)

 ホスピーラ・ジャパンは1月18日、不整脈治療剤シンビットの製造販売承認について、バイエル薬品から承継することで同社と合意したと発表した。ホスピーラは全MR30人程度を投入し、2月8日からプロモーションを展開する。

 シンビットは、心室頻拍・心室細動の不整脈で他の抗不整脈剤が無効、または使用できない場合を効能・効果としている。麻酔や集中治療領域における医薬品や医療機器を中核事業とするホスピーラは、シンビットと鎮静剤プレセデックスで循環器の領域への進出を図る。

 シンビットは脳・心血管系疾患やがんといったバイエルの重点領域から外れる。シンビットの2008年12月期の売り上げは、薬価ベースで4億8900万円だった。


【関連記事】
生活習慣病領域でOD錠が増加
個人輸入代行のネットサイトのED治療薬、4割が偽造品
抗がん剤2品目の承認を了承―医薬品第二部会
後発品市場は年6−9%の成長率で推移―富士経済
糖尿病治療剤市場、17年には3770億円と予測−富士経済

救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)
<診療報酬改定>勤務医の負担軽減…骨子案まとまる(毎日新聞)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑−神奈川県警(時事通信)
<加害者家族>NPO団体が調査へ 孤立の実態探る(毎日新聞)
posted by シモヤマ ヒロコ at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。